仕事をしながらの投資はやり方の工夫が必要

仕事をしながらの投資はやり方の工夫が必要

仕事をしながらFX投資をするのはなかなか難しいものです。特に資金が限られていて高いリターンを設定していると普通のやり方で利益を出すのは難しいと思います。私はチャート分析でのやり方はやめました。十分な時間がとれないからです。また手が離せない時に注文が出せず、損失を拡大させる可能性もあるからです。今はナンピンによる手法で膨大な資金力で勝負してしています。
トラップリピートではなく、利益設定は手動で行います。また指値設定は仕込み時の資金量に応じてだんだん広くなるようにして相場を追います。資金が許す限り無限に注文を建て、反転したところで利益を確保しています。円キャリーかつ地域ごとの銘柄で分けます。基本的には流動性をみて、北米、欧州、オセアニアの3つです。BRICSおよびVISTAに代表されるフラジャイル5の通貨は高金利が魅力ですが、今はアメリカの金利動向に左右されるので手をつけていません。今のところ大きな損失もなく、利益を積み上げています。