各市場の特徴を理解することはFX取引で大切です。

各市場の特徴を理解することはFX取引で大切です。

FXで安定的な利益を狙うならアジアやヨーロッパ、アメリカの市場の特徴をよく理解することが大切です。アジア市場の中心でもある東京市場は朝の9時頃から取引が活発になります。ヨーロッパやアメリカと比べると取引量はそれほど多くはないので順張りよりも逆張りが向いていると言われています。よく日本人トレーダーがこの時間帯を狙ってスキャルピングで取引していると聞いたことがあります♪
また、ヨーロッパの中でも最も大きいロンドン市場は為替取引量が世界一と言われています。私はてっきり取引量が一番多い国はアメリカだと思っていましたがそうではなかったようです。
日本時間でいうと17時頃から値動きが活発になる時間帯でもあります。東京時間で逆張り取引しているトレーダーはほとんどこの時間にはポジションを決済していると思います。順張りで利益を狙いやすい時間帯でもあり、ポンドやユーロの値動きが活発になりますから、時間帯によって通貨ペアを選ぶのもお勧めです。