FXは超短期が好きなのでスプ狭のユーロドルでスキャルピング

FXは超短期が好きなのでスプ狭のユーロドルでスキャルピング

ずっとポジションを持っていると落ち着かないので、超短期売買のスキャルピングで素早く捌いていく手法でFXをするのが私にぴったりと感じました。システマチックに売買を行っていけばその日の取引を終えた後は必ずノーポジになるから、気持ちを切り替えて安眠できるようになって体にもいい気がします。そしてもちろん利益の方も順調に増えていき、スキャルピングでFXを始めてから徐々にではあるけれど資金に余裕が出てきました。
スイングトレードをしていたころはホールドしている時間が長く、トータルでプラスにもっていくまで気長にやっていかないといけなかったことを考えると大きな改善です。超短期で取引するにあたって取引する通貨ペアも昔と変更し、クロス円全般からユーロドルひとつへと性質の違うものに移りました。
FXでスキャルピングするならスプレッドの狭さが必須条件になるのはもちろん、一日の値動きもある程度の幅を持ったものがやりやすいからです。ドル円に次ぐスプレッドの狭さも取引回数の多さで発生する実質的なコストをカバーしていて、今ではこの通貨ペア以外を触ることは考えられなくなりました。
コツは判断力を磨くためにとにかくチャートを見続けることでしょうか。休日でもソフトで過去のチャートを動かして、タイミングよくポジる反射神経を身に付けると上手くいくと思います。