FX取引で会社を選ぶときは「スプレット」を確かめる

FX取引で会社を選ぶときは「スプレット」を確かめる

FX取引というと、ご承知のように日本の円や米のドル(他の通貨同士でも良い)など、外国の通貨を売買することを言い、その取引の売買の結果に依ってよって利益を得ることをいいます。 テレビニュースの最後に円・ドル相場の情報が流されてますが、この為替相場が上がるか下がるかを予想するだけの簡単な取引なのです。
従って、今ではネット環境があれば、スマホなどでも誰でも気軽に何時でも何処でも、取引が出来、しかも、一日数分もあれば数千円とか万円の単位で、稼ぐ事も実際に可能です。

 

そして、FX取引というのは奥も深くて色んな取引方法や手段があって、学べば学ぶほど色んな事が知るようになり、面白い取引も沢山あるのに気が付きます。 筆者が面白く一時的に嵌ったものにバイナリーオプションというのがあります。 これは丁半博打というのをご存知ですね。 これは、初心者が主に行う取引で、為替相場が今現在より高く動くか、安目に動くかの二に一つの動き具合で取引が出来るのです。
初心者の方は、この辺りから始めると良いでしょう。

 

筆者がもう一つ気がついたのは、それはFX会社選びということです。 つまりFX取引会社というのは其々に特徴があり、皆んな同じではありません。特に、手数料に似ているスプレッド方式(FX会社が提供している「売り値」と「買い値」の差、此れは会社の手数料と同等の意味がある、事実、FX会社は手数料と言う名前の物はありません)というのも有り、これがFX会社によって様々に異ることです。 特に、初心者のかたはFX取引にあたり会社を選ぶ時には、よく調べてから始めるとよいでしょう。