逆張り手法でFXすることが増えました

逆張り手法でFXすることが増えました

順張りでドーンと利益が入ってくる手法に憧れてFXを始めたから最近までずっとトレンドを探すことしか頭にありませんでした。しかし今では手法が逆張りと半々になり、どちらかというと勢いの弱まったところでポジションを持つことを考えるスタイルになってきています。流れに逆らうわけなのでひとつのポジションを早く捌かないといけないわけですし、必然的に儲けも少なくなると昔の私は思っていました。
実際に逆張りをしてみるとそんな考え方はまさにやったことのない人の妄想だったと気づき、安全性でいえば逆張りの方に分があるような感じさえしています。なぜならエントリー地点からストップまでの幅をかなり狭くできることや、一日の中で何度もチャンスが訪れることが多いことが挙げられるからです。じっと待ち続けて結局大きな流れが来ず一度もエントリーできなかったということがなく、逆行しそうなポイントで細かく取れば順張りで大きな利幅を得る程度には積もり積もって稼げるのです。時間が短くサッと取引を終わらせることができるので、この手法が気に入ってきてテクニカルもオシレーター系を中心に変えてFXをしています。