往復ビンタを食らってしまいました。

往復ビンタを食らってしまいました。

イギリスのEU離脱問題、これはFXをする人間にとって一大事だったのではないでしょうか?
2016年の頭には1ドル120円ほどだった為替が順調に円高へと進みついには105円程になってしまいました。そして冒頭のイギリスのEU離脱問題における国民投票です。FXをしている多くの方の予想としては離脱を支持しない方向になると思っていましたので、BBCのニュースが得票が離脱支持の方に傾いていると報道した直後から為替相場は大混乱となりました。
急激に為替が変動しはじめぐんぐんと円高方向に動きついにドル円は一時99円をつける事態となり、私は即座に持っていた買い玉を損切して売りからエントリーし直しました。
ところがです、為替相場の大変動時にはよくある事なのですが急激に円高に振れた後に動いた分がそっくり戻っていくのです。急激な円高にびっくりして損切した私が円安に戻ってきた反動でさらに損切せざるを得ない状態に追い込まれてしまったのです。おそらく今回の為替変動で損益を出した方が多いのではないでしょうか?
FX経験者の私としてはくれぐれも余裕資金で楽しむだけに留めることをおすすめしたいと思います。