通貨の相場、変化を利用して利得を得るFX取引、

通貨の相場、変化を利用して利得を得るFX取引、

FXというのはForeign eXchangeといい、つまり外国の通貨と日本の円の交換の意味を持ち、本来の専門的用語では「外国為替証拠金取引」(margin Foreign eXchange trading)と言ってます。 ずばり外国の通貨を売ったり買ったりして、利益を得る手段、取引のことを意味します。 このことは通貨(為替)の取引、売買といいまして為替の変動で利益や損失が出たりするわけです。

 

例えば、単純に1ドルを100円で買い、暫くして円安になり130円になったとして、その時点で1ドルを売ったとすると、30円の儲けになります。 (現実には此のような極端な例は絶対にありません) このように、外国の通貨をその時点の為替相場で売ったり買ったりを専門的に行い、それに伴って利益(損失も出ます)を出したりする行為を、専門用語でFX、若しくはFX取引と言います。
最近、「円安」ということがニュースでも報じられて話題になったことがあります。 その主な理由としては、日本経済の鈍化とアメリカ経済の好調さで円が売られ、ドルが買われた為の変動原因とされているのです。

 

日本の通貨の単位は「円」ですが、この円という通貨単位を為替とも言い、日本は為替の変動相場制をとっているので、外国の通貨、為替と常に比較されるのです。 この状態な外国へ旅行する時によく現れてきます。 つまり、お互いの通過を両替する時にこの現象が現れて、払い戻した時に始めの金額に比して儲かったとか、損をしたというのが、此れこそがFX取引の原点なのです。