FX取引は株などと同様に短、中、長期の期間毎の投資方法も有る、

FX取引は株などと同様に短、中、長期の期間毎の投資方法も有る、

投機や投資というのは短期、中期、其れに長期という、ある程度期間を定めて取引をする方法が有ります。 例えば、株の場合はデイトレーダーといって利幅目的に数種類の株を毎日のように動かして取引したり、或いは、株主優待や配当金だけを狙った中期取引、其れに自社株や将来展望を見て投資する長期見通しをしながら取引をする株など、色々な期間投資(機関投資家ではない)があります。

 

FX取引の場合も、資金投下の期間などについては短期・普通・其れに長期などがあって、それらの中から選んで投資することが出来るのです。 此等の期間を選ぶことによって、取引、資本の投下の仕方が全く変わるというところにあるのです。

 

先ず、円から外貨への投資する場合で長期間に亘って投資をする時は概ね、一年以上の長期の投資を原則としているのが普通です。 この場合は将来円高になることを期待しての投資になりますし、基本的にはある程度大量資金で低レバリッジで投資するのが普通になります。 特に大切なことは、相手国の通貨が円高になる見込みを見通さなければならず、将来展望が必要になります。

 

他に、中期の場合はほぼ1ヶ月、短期の場合はデイトレのような毎日の取引ということになりますが、何れの中期展望や其の国の経済指標の動向によって投資することになります。 自信がある場合は大きくレバリッジを効かせて投資することも出来ます。